パチンコダルマグループ
店舗情報 ダルマ出 採用情報 会社概要 ダルマの歴史
ダルマの歴史

ダルマの歴史はパチンコの歴史です。

現在のパチンコの原型ともいえる「正村ゲージ」の誕生から2年後の昭和26年2月6日、パチンコダルマは生まれました。

昭和23年貸し玉料金1円で始まり、昭和24年には2円、昭和47年に3円、そして昭和53年に現在の4円となりました。

貸し玉料金の変化以外にも業界を取り巻く環境は様々に変化して参りましたが、おかげさまで皆様に愛され、支えられ今日まで営業を続けさせて頂いております。

今後も創業の精神を忘れることなく、より皆様に喜ばれる店づくりを目指し「選べるパチンコ店」としてパチンコの新しい歴史を築き上げてまいります。


これからもパチンコダルマを宜しくお願いいたします。

昭和30年代当時のダルマ□□店の写真
昭和30年代当時のダルマ碧南店

ダルマの歴史
パチンコの歴史
昭和5年 風俗営業第1号店が名古屋で許可されパチンコが開店。
昭和23年 風俗営業取締法制定により、パチンコは許可営業となる。
「正村ゲージ」が登場。
昭和24年 貸玉料金が1円から2円に値上げされる。
昭和26年 2月6日
パチンコダルマ誕生
法改正により18歳未満の入場が禁止される。
昭和28年 第1期黄金時代到来。
昭和29年 東京都公安委員会が「連発式パチンコの禁止」を決定、全国に広がる。
豪快不況が到来、全国軒数も半減。
昭和35年 画期的な「チューリップ」が登場。
第2期黄金時代到来。
昭和40年 パチンコ店1万軒を超える。
昭和47年 電動式ハンドルが許可される。
貸玉料金が2円から3円に値上げされる。
昭和53年 貸玉料金が3円から4円に値上げされる。
昭和54年 「パチンコの日」制定(毎年11月14日)
昭和61年 「全国パチンコ・パチスロファン感謝デー」制定
昭和63年 4月26日
ダルマ笹山店開店
 
昭和64年 日本遊戯関連事業協会設立。
平成2年 6月27日
ダルマ高浜店開店
 
平成4年 CR機登場。
平成16年 風営法施工規則改定。
平成21年 12月18日
ダルマ安城店開店
 
昭和30年代当時のホールでパチンコを楽しむ信夫山関の写真
昭和30年代当時のホールで
パチンコを楽しむ信夫山関

昭和30年代 カウンターで仕事に励む木村社長
footer